Unity事例ノート

UNITY

Trail Rendererで軌跡をつくる

発射したオブジェクトの軌跡をつけて、光るようなエフェクトを作成してみましょう。

Cubeを前に飛ばすと、その軌道に光がついています。

Trail Rendererを使えば、このような質の高いエフェクトが出来上がります。

光のエフェクトとして使うPrefab

PlaneとCubeを作成し、Cubeにはリジッドボディを付けます。

PlaneのZ方向のサイズを伸ばして色をつけ、カメラ位置を移動。

ゲームビューではこのように配置しました。

光として使用するアセットをインポートします。

今回は、Cartoon FX Free というパッケージをダウンロードしました。

Cartoon FX Free

インポートが終われば、JMO Assetsというフォルダが確認できます。

Trail Rendererの設定

Cubeを動かせるように、スクリプトを作成しましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

Cubeをクリックすれば、前方に発射されるようになります。

続いて、CubeにTrail Rendererを追加します。

コンポーネントを追加 > エフェクト > トレイルレンダラー

JMO Assetsフォルダを開き、光のデータを準備します。

JMO Assets > Cartoon FX > Materials > Light

Trail Rendereの要素の中に、Lightのデータを入れます。

今回は、CFX3_RayStraight_ADDを入れてみました。

時間のところには1を入れ、軌跡の表示時間を短くしています。

次に、軌跡の後ろのほうが細くなるように、設定していきます。

赤いグラフ線の右端を、右クリック > キーを追加。

右端のキーを下げていきます。

ゲームプレイして、Cubeをクリックしてみましょう。

このように、Cubeに光の軌跡が出現します。