Unity事例ノート

UNITY

条件によってエフェクトのサイズを変える

発生させるエフェクトの大きさを、スクリプトを使って変化させてみましょう。

Cubeが移動し、一定の座標まで来たときに、爆発エフェクトが発生。

右で爆発すれば半分の大きさ、左で爆発すれば1.5倍の大きさになります。

パッケージをインポート

アセットストアから、エフェクトのパッケージを入れます。

今回は、Cartoon FX Free というパッケージをダウンロードしました。

Cartoon FX Free

インポートが終わると、JMO Assets > Cartoon FX の順に開きます。

爆発系のエフェクトはたくさんあるのですが、ここでは、CFX_Explosion_B_Smoke+Text を使用することにします。

条件によってエフェクトの大きさを変える

続いて、Cubeを作成しましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

Explotionのフィールドが出来るので、ここに CFX_Explosion_B_Smoke+Text を入れましょう。

ゲームプレイしましょう。

まずは右へ移動。

続いて、左へ移動します。