Unity事例ノート

UNITY

床を鏡面にして反射させる

床を鏡面加工して、オブジェクトが反射して映るようにしましょう。

鏡面のような演出は、Reflection Probを使って効果を設定します。

このように床に反射して、オブジェクトと一緒に動いていきます。

オブジェクトの用意

Cubeと平面(Plane)を作成し、CubeのYを0.5にします。

CubeとPlaneにマテリアルをつけましょう。

Planeの色はグレーにして、メタリックを1、スムースネスを1に設定します。

床をわかりやすく確認するため、MainCameraの位置を変えましょう。

位置と回転をこのようにしました。

ゲームビューではこのような見た目になっています。

Cubeを動かせるようにします。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

Cubeを十字キー操作できるようになります。

Reflection Probによる鏡面仕上げ

空のオブジェクトを作成します。

GameObject(空のオブジェクト)に、Reflection Prob を追加します。

コンポーネントを追加 > レンダリング > リフレクションプローブ

このように、サイズ10の Reflection Prob が出来ています。

Reflection Probを以下のように設定します。

解像度を大きくすれば、反射体もきれいにうつりますが、その分、処理は重くなります。

次に、Reflection Probがメインカメラの反対側にくるように、スクリプトで制御します。

MirrorFloor.csを作成し、GameObjectに追加します。

MirrorFloor.csを記述します。

プレイ、Cubeを動かしてみましょう。