Unity事例ノート

UNITY

プレーヤーについていくカメラ

プレーヤーの後ろについていくカメラを、スクリプトで作ってみましょう。

プレーヤーとの距離を一定に保ち、動きに応じて、MainCameraも移動していきます。

関連記事:
MainCameraがオブジェクトを追従
シーンを遷移してもカメラ追従を保持する
カメラを旋回しながら自動追従させる
レイヤーによるMainCameraの非表示
MainCameraで四方向から撮影

Vector3.Lerpによる等速移動

Cubeを作成します。

MainCameraを適当なところに配置します。

ゲームビューではこのように見えています。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

続いて、CameraFollow.csを作成し、MainCameraに追加します。

CameraFollow.csを記述します。

キューブのフィールドに、Cubeを入れます。

ゲームプレイして、十字キー操作しましょう。

距離を保ちながら、Cubeを追いかけて撮影します。

CubeからMainCameraの距離を求め、offsetに格納。

Cubeから、offsetの分だけ離れた位置(newPos)に向けて、カメラを等速移動させています。

関連記事:
MainCameraがオブジェクトを追従
シーンを遷移してもカメラ追従を保持する
カメラを旋回しながら自動追従させる
レイヤーによるMainCameraの非表示

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内