Unity事例ノート

UNITY

条件によって画像表示を切り替える

プレーヤーがぶつかった相手によって、画像表示を切り替えるしくみを作ります。

赤のボールに触れたら赤の画像、青のボールに触れたら青の画像を表示します。

Colliderを使って条件分岐し、画像エリアに出力するスプライトを変えています。

関連記事:【Unity C#】ドロップダウンで画像表示を切り替え

オブジェクトの準備

平面とCubeを作成し、CubeのYを0.5にします。

Cubeにリジッドボディを追加します。

コンポーネントを追加 > 物理 > リジッドボディ

グレーのマテリアルを作成し、Plane(平面)に追加しました。

ゲームビューではこのような見た目になっています。

Sphereを作成し、名前をRedSphereに変更。

位置を変更し、赤のマテリアルを付けます。

もう一つSphereを作成し、名前をBlueSphereに変更します。

位置を変更し、青のマテリアルを付けましょう。

ゲームビューではこのような見た目になっています。

画像の作成

画像を出力するエリアを作成します。UI > 画像。

幅、高さをそれぞれ50、アンカーピボットを下に配置し、位置Yを60に設定しました。

ゲームビューではこのように配置されています。

このエリアに、画像を表示させるようにします。

2つの画像をインポートします。

プロジェクトビュー上で右クリック > 新しいアセットをインポート

それぞれの画像のテクスチャタイプを、スプライト(2DとUI)に変更しましょう。

こういったダイアログが出てくれば、適用するをクリックします。

条件により画像をさし変えるスクリプト

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

4行目の using UnityEngine.UI; を忘れずに記述しましょう。

CubeMoveの中に3つのフィールドが出来るので、ここにそれぞれのデータを入れます。

ゲームプレイして、表示を確認しましょう。

赤のオブジェクトにぶつかればRedを表示、青にぶつかればBlueを表示します。

関連記事:【Unity C#】ドロップダウンで画像表示を切り替え