Unity事例ノート

UNITY

プレーヤーの上部で一緒に動くオブジェクト

プレーヤーの上のほうで一緒に動いていくオブジェクトを、スクリプトを使って作成してみましょう。

今回の例では、十字キー操作でCubeを動かし、その上をずっとくっついて動いていくSphereをつくります。

関連記事:
プレーヤーに付いていくテキスト
3D空間でプレーヤーを追いかけるオブジェクト
マウスカーソルについていくオブジェクト
マウスカーソルを追いかけるオブジェクト
指定した座標(目的地点)へ行く

上のほうで付いて動くオブジェクト

CubeとSphereを作成します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キーで動かしてみましょう。

Cubeの動きに合わせて、Sphereも付いて動いていきます。

関連記事:
プレーヤーに付いていくテキスト
3D空間でプレーヤーを追いかけるオブジェクト
マウスカーソルについていくオブジェクト
マウスカーソルを追いかけるオブジェクト
指定した座標(目的地点)へ行く

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内