Unity事例ノート

UNITY

Prefabに触れると得点が入る

飛んでくるオブジェクトにぶつかれば、点数が増えるしくみを作ってみましょう。

前方から1秒おきに飛んでくるボールのPrefab。

Cube(プレーヤー)がボールに触れるとスコアが加算され、コンソールに表示されます。

関連記事:
点数をテキスト表示
敵に当たるとスコアを加点-2Dシューティング
ハイスコアをつくる
ベストタイム(最短時間)の更新とリセット

ぶつかると点数が増える仕組み

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Ballという名前でタグをつけます。

Sphereの元データは削除しておきましょう。

空のオブジェクトを作成します。

BallShot.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

発射される位置は、Y座標5、Z座標20を指定しています。

プレハブのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

続いて、プレーヤーとしてCubeを作成します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キーで操作します。

ボールにぶつかると削除されて、スコアが1ずつ加点されていきます。

コンソールでスコアを確認しましょう。

関連記事:
点数をテキスト表示
敵に当たるとスコアを加点-2Dシューティング
ハイスコアをつくる
ベストタイム(最短時間)の更新とリセット