Unity事例ノート

UNITY

Rayを当てた状態でキーを押せば削除

Raycastを照射した状態でキーを押せば、オブジェクトを削除できるようにスクリプトを作ってみましょう。

Cubeの先方に向けて長さ5のRayを出します。

このRay触れていて、かつSpaceキーが押されると、Sphereは削除されます。

関連記事:
Raycastによる特定オブジェクトの接触判定
向いている方向へRaycastを出す
斜めに向けたRaycastで衝突判定
左右にRaycastの接触判定をつくる
オブジェクトに向けてRaycastを出し続ける

Rayの接触とキーによる条件設定

CubeとSphere2個を作成し、少し距離をとります。

SphereにはDestroyという名前でタグをつけておきます。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイして動きを確認しましょう。

Rayに触れている状態から、スペースキーを押せば、オブジェクトが消えます。

関連記事:
Raycastによる特定オブジェクトの接触判定
向いている方向へRaycastを出す
斜めに向けたRaycastで衝突判定
左右にRaycastの接触判定をつくる
オブジェクトに向けてRaycastを出し続ける