Unity事例ノート

UNITY

発射したボールが消えれば補充する

クリックでボールを発射して、消えると次のボールが補充されるしくみを作ってみましょう。

Sphereのプレハブをクリックすると飛んでいき、1秒後に削除。

削除されると、またSphereがセットされます。

Prefabが消えればセットする

Sphereを作成して、リジッドボディを追加。

isKinematicにチェックを入れます。

BallShot.csを作成し、Sphereに追加します。

BallShot.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、Prefab化します。

Sphereの元データは削除しておきましょう。

続いて、空のオブジェクトを作成します。

BallSpawn.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

BallSpawn.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

Sphereをクリックすると発射。

1秒後にSphereが消えると、また補充されます。


\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内