Unity事例ノート

UNITY

他のスクリプトを無効化する

他のオブジェクトにあるスクリプトを、非アクティブにしてみましょう。

Sphereが往復運動をくり返し、ここにぶつかれば、動きが止まります。

Sphereに追加した往復運動のスクリプトを無効化することで、動きを止めています。

関連記事:【Unity C#】制限時間になれば停止する

Sphereの動き

CubeとSphereを作成し、横並びに配置します。

Sphereにリジッドボディを追加し、UseGravityのチェックを外します。

Sphereを往復運動させます。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

他のスクリプトを無効にする

他のオブジェクトのスクリプトについて、無効化できるしくみを作ります。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

スフィアのフィールドが出来ていますので、ここにSphereを入れます。

ゲームプレイしてCubeを操作し、Sphereにぶつけてみましょう。

ぶつかった瞬間、SphereMove.csがオフになり、Sphereの動きが止まります。

関連記事:【Unity C#】制限時間になれば停止する