Unity事例ノート

UNITY

簡単に十字キー操作できるスクリプト(transform.Translate)

プレーヤーを十字キーで操作するには、いろいろなスクリプトがあります。

今回は、transform.Translateを使って、スクリプトを書いてみましょう。

十字キーを使って、前後左右に動かくことができます。

座標を指定して動かすtransform.positionと違い、transform.Translateは、現在の位置からの移動量で動かします。

transform.positionではできない、ジャンプなどの動きも、transform.Translateであれば対応可能です。

関連記事:
向きを変えて移動する十字キー操作
簡単に十字キー操作できるスクリプト(transform.Rotate)
簡単に十字キー操作できるスクリプト(transform.position)
上下左右に1ずつ動かす
進行方向に傾きながら移動

transform.Translateで操作する

平面とCubeを作成し、CubeのY座標を0.5にします。

わかりやすいように色をつけます。

PlayerMove.csを作成し、Cubeに追加します。

ゲームプレイして、十字キーで動かしましょう。

関連記事:
向きを変えて移動する十字キー操作
簡単に十字キー操作できるスクリプト(transform.Rotate)
簡単に十字キー操作できるスクリプト(transform.position)
上下左右に1ずつ動かす
進行方向に傾きながら移動