Unity事例ノート

UNITY

クリックした方向へジャンプする

クリックした方向にむかって、ジャンプできる仕組みをつくってみましょう。

3Dで作成する場合、マウスクリックの位置はScreenToWorldPointを使って、スクリーン座標をワールド座標に変換させます。

関連記事:
【Unity C#】着地していればジャンプ可能
【Unity C#】キャラクターをジャンプさせるしくみ
【Unity C#】ジャンプした距離を表示する
【Unity C#】ジャンプで壁に触れると引っ付く
【Unity C#】ダブルジャンプの仕組み

クリック位置に向かってジャンプ

平面とCubeを作成します。

CubeのY座標を0.5にして、リジッドボディを追加します。

Cubeにわかりやすい色をつけます。

シーンビューではこのように配置されています。

Cubeがひっくり返らないように、回転を固定します。

リジッドボディのConstraintsを展開し、回転を固定にチェックを入れます。

CubeJump.csを作成し、Cubeに追加します。

ゲームプレイしてみましょう。

左クリックのタイミングで、マウス位置をワールド座標に変換。

upForceの数値分、Y方向へ力を加えてジャンプします。

それと同時に、クリックのX位置に20を掛けた数値分、X方向へ向けます。

3Dビューなので、クリック位置のZ座標は、10で固定しています。

関連記事:
【Unity C#】着地していればジャンプ可能
【Unity C#】キャラクターをジャンプさせるしくみ
【Unity C#】ジャンプした距離を表示する
【Unity C#】ジャンプで壁に触れると引っ付く
【Unity C#】ダブルジャンプの仕組み