お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】boolを使った実行条件

ゲームオーバーになった時だけ、リトライを実行可能に。

boolean型を使い、ある条件下でプログラムを実行できるように、コードをつくってみましょう。

受ける側のスクリプト

前回に続き、TextManager.csに受け側コードを追記しました。

シーンはShootingという名前にしています。

retryTextは、ゲームオーバーになったときのテキスト表示。

そして、ゲームオーバーの真偽(True or False)を用意するため、bool型の変数(isGameOver)をつくりました。

ゲームスタート時はflase(偽)に設定しておきます。

これらを使って、ゲームオーバーになった時の処理を、最下部に書いています。

今回は、Enterキー(Returnキー)で、リトライ(シーンを再ロード)できるようにしました。

アクセス側のスクリプト

アクセスする側は、シューティングゲームのプレーヤー。

player.csに、以下のようなコードを記述しました。

(ミサイル発射のコードは省略)

敵にぶつかった時の処理として、受け側TextControl.csのRetryメソッドを実行します。

「Press ENTER to Retry」が表示され、bool型のisGameOverもtrue(真)に。

ここでEnterキーを押せば、リトライできるようになりました。