Unity事例ノート

UNITY

特定の座標まで行けば跳ね返る

ある座標までたどりつけば跳ね返る仕組みをつくってみましょう。

ボールに力を加えて前方に飛ばし、特定の座標までくると、はじき返されます。

関連記事:
【Unity C#】座標を整数に変換して条件分岐
【Unity C#】座標の小数値を端数処理して条件設定





座標まで行けばはね返る

Sphereを作成します。

Sphereにリジッドボディを追加します。

Use Gravityのチェックを外します。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

XとZの位置をそれぞれ10に指定して、四方を囲みました。

ボールが座標まで来れば、逆方向と、ランダムで横方向にも力を加え、はね返しています。

ForceModeにはいくつか種類があります。

ここでは、質量を無視して、瞬発的に力を加える「VelocityChange」を使用しました。

関連記事:
【Unity C#】座標を整数に変換して条件分岐
【Unity C#】座標の小数値を端数処理して条件設定