Unity事例ノート

UNITY

キーを押すたびにBoolを切り替える

キーを押すたびに、Bool型変数のtrueとfalseが切り替わるようにしてみましょう。

今回の例では、スペースキーを押すたびに、isCheckのチェックが付いたり消えたりします。

一つのキー操作で、フラグを切り替えたい場合に、使える機能です。

関連記事:他のスクリプトのBoolを取得する

スペースキーでBoolを切り替え

空のオブジェクトを作成します。

BoolChange.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

BoolChange.csを記述します。

ゲームプレイして、スペースキーを何度か押してみましょう。

isCheckのフラグに、チェックが付いたり消えたりします。

スペースキーを押したとき、isCheckが、trueのときはfalseに、falseのときはtrueにしています。

関連記事:他のスクリプトのBoolを取得する