Unity事例ノート

UNITY

座標を整数に変換して条件分岐

transform.positionの座標値を使って、条件分岐をつくってみましょう。

今回の例では、X座標とZ座標のある地点に到達すると、オブジェクトが回転するように制御しました。

関連記事:
transform.positionの値を整数で取得
transform.positionの値を小数第2位で端数処理
座標の小数値を端数処理して条件設定
特定の座標まで行けば跳ね返る
4つの座標で回転して四角形に動く

transform.positionの整数値で地点を指定

Cubeオブジェクトを用意します。

Cubeオブジェクトを用意し、CubeMove.csを追加しました。

CubeMove.csを記述しましょう。

Mathf.Floorを使い、座標を整数値で取得しています。

また、Updateの中で一回だけ実行させるために、XboolとZboolという2つのフラグを作成しました。

falseに戻すタイミングを後ろにずらすことで、ture → falseの瞬間実行を防いでいます。

ゲームプレイしてみましょう。

Z座標8まで行けば50°回転、X座標10まで行けば120°回転、Z座標-7まで行けば30°回転しました。

関連記事:
transform.positionの値を整数で取得
transform.positionの値を小数第2位で端数処理
座標の小数値を端数処理して条件設定
特定の座標まで行けば跳ね返る
4つの座標で回転して四角形に動く