Unity事例ノート

UNITY

マウスを押している間パワーをためる

マウスやキーを長押ししている間はパワー数値をためて、離したときにそのパワーを放出するしくみをつくってみましょう。

マウスクリックを押している間と離したとき

Cubeオブジェクトと、やや大きめ平面オブジェクトを用意しました。

Cubeにはリジッドボディを追加し、X軸が回転しないようにチェックを入れています。

ClickPower.csを作成し、Cubeに追加します。

ClickPower.csを編集しましょう。

プレイしてみましょう。

Debug.Logでたまっていく数値が確認できます。

押している間はずっと加算されていって、離したときに0に戻る。

離した瞬間、Cubeオブジェクトにパワーを加えます。