Unity事例ノート

UNITY

ライフポイント(ヒットポイント)の作りかた

ライフポイントのしくみを、ハートのイラストを使って作成してみましょう。

今回は、3つのハートを用意して、ダメージによって増えたり減ったりできるように、スクリプトを作ります。

関連記事:
使いやすいライフゲージの作りかた
パワーゲージ(レベルゲージ)をつくる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
マウスを押している間パワーをためる
ドラッグの距離をパワー数値に変換する

アセットデータの用意

今回は、2D Pixel Item Asset Pack というフリーアセットを使用させていただきました。

2D Pixel Item Asset Pack

UI画像を作成します。

ImageをHeart1という名前に変更。

位置とサイズを変更し、ソース画像に、ハートのデータを入れます。

Heart1を複製してHeart2を作成し、位置を変更します。

Heart2を複製してHeart3を作成し、位置を変更します。

ゲームビューではこのように見えています。

ヒットポイント(HP)のスクリプト

空のオブジェクト(GameObject)を作成します。

LifeManager.csを作成し、GameObjectに追加します。

LifeManager.csを記述します。

▼YouTubeにて、このスクリプトを解説しています。

要素0~2に、Heart1~3を入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

左クリックでハートが増えて、右クリックでハートが減ります。

関連記事:
使いやすいライフゲージの作りかた
パワーゲージ(レベルゲージ)をつくる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
マウスを押している間パワーをためる
ドラッグの距離をパワー数値に変換する

SCHOOL教室案内