Unity事例ノート

UNITY

Escapeキーで画面を閉じる

関連記事:【Unity C#】ボタンを押すと画面を閉じる

ビルドをしてから気づくことが多いのが、ゲームを閉じる(終了する)機能の入れ忘れ。

ゲームプレイ中に画面を閉じたい場合、とりあえず閉じるボタン(×)を押します。

でも、たとえば全画面で書き出したゲームは、閉じるボタンも表示されず、終わろうにも終われないんですね。

そんなときを想定して、Escapeキーで閉じる機能を入れておきましょう。

コードを書く場所は、Update()の中。

Update()の中であれば、どのクラスに書いてもいいのですが、ここではEndという名前でクラスを一つ作りました。

Input.GetKeyで、押されたキーの情報を取得しています。

Input.GetKey は、他にこういうものも取得できます。

KeyCode.Space Spaceキー
KeyCode. Return Enterキー
KeyCode. RightArrow 右向き矢印キー
KeyCode. A Aキー

スクリプトは今回、MainCameraに追加しました。

実際にビルドデータからゲームプレイして、画面終了できるか試してみましょう。