Unity事例ノート

UNITY

Third Person ControllerでZ方向へ動かない時の対処法

Standard AssetsのThird Person Controlleでキャラクターを動かす際には、十字キーもしくは、WASDキーを使用します。

ところが、左右(X方向)には移動するものの、前後(Z方向)に動かないことががあります。

今回は、Third Person Controllerが上下キー(WとSキー)が効かない、Z方向に動かないときの対処について見ていきましょう。

関連記事:
進行方向へ回転するプレーヤー操作1
進行方向へ回転するプレーヤー操作2
マインクラフトのようにクリックで壊す
Thrid Person Camera を設定する

Third Person Controllerの上下キーが効かない時

※ここで使用するStandard Assetsは、対応していないバージョンがあります。今回は「Unity 2019.2.14」で制作しています。

Planeで床をつくり、この上にThird Person Controllerを配置します。

通常、配置しただけで十字キーを使って動かすことができます。

ゲームプレイして、前後左右に動かしてみましょう。

ここで、メインカメラの回転角、Xを90°にして、真上から撮影してみます。

ゲームビューを見ると、このように真下に向けて映し出されています。

この状態でプレイしてみましょう。

上下キーを押しても、Z方向(前後)に動きません。

Xに入れた回転値を1°でも変えて、たとえば89°にすると、動くようになります。

そして、これを91°にすると、十字キーとは真逆の動きをしてしまいます。

Third Person Controllerがうまく動かない場合、まずはメインカメラの角度を見直してみましょう。