Unity事例ノート

UNITY

タイムアップになればリトライボタンを表示

タイムアップすると、リトライのボタンが表示される仕組みを作ってみましょう。

今回の例では、コンソールにタイマーを表示させます。

3秒からはじまり、0秒になればボタンが表示。

ボタンを押せばリトライされ、再びゲームがはじまります。

関連記事:
リトライボタンを設置する
リトライボタンが効かない場合の解決法
Escapeキーで画面を閉じる
ボタン表示・非表示のスクリプトをつくる
TextMeshProを使用したタイムアップのしくみ

制限時間になればRetryボタン表示

空のオブジェクトと、Buttonを作成します。

Buttonオブジェクトを適度なところに配置します。

初期表示させないので、Buttonのチェックを外しておきます。

GameManager.csを作成し、GameObjectに追加します。

GameManager.csを記述します。

シーンを再ロードするために、4行目 using UnityEngine.SceneManagement; を忘れず書いておきましょう。

RetryButtonのフィールドに、Buttonのオブジェクトを入れます。

Buttonの設定を、以下の手順で行いましょう。

ゲームプレイして、動きを確認します。

タイマーが0になると、ボタンが表示。

クリックするとシーンが再ロードされて、再びゲームがスタートします。




関連記事:
リトライボタンを設置する
リトライボタンが効かない場合の解決法
Escapeキーで画面を閉じる
ボタン表示・非表示のスクリプトをつくる
TextMeshProを使用したタイムアップのしくみ

SCHOOL教室案内