Unity事例ノート

UNITY

爆発のエフェクトを発生させる

ただオブジェクトを消すだけでなく、ゲームの臨場感を出すためには、パーティクルが欠かせません。

オブジェクトを壊したときに、パーティクルを出現させてみましょう。

Cubeをクリックすれば、爆発エフェクトが一回だけ再生されます。

関連記事:
マインクラフトのようにクリックで壊す
クリックした位置にパーティクル発生
少しずれた位置にエフェクト発生
条件によってエフェクトのサイズを変える
発生させたパーティクルをn秒後に削除

爆発パーティクルを一回だけ発生させる

今回のUnityバージョンは、Unity2019.4.27 を使用しています。

パーティクルは、Procedural fire というフリーアセットをインポートさせていただきました。

インポートが終われば、Hovl Studioというフォルダが追加されています。

Cubeオブジェクトを作成します。

CubeDestroy.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeDestroy.csを記述します。

プレハブデータは、Assets > Hovl Studio > Procedural fire > Prefabs > Explosion を使います。

Explosionのパーティクルをループさせないようにします。

Explosionを選択し、プレハブを開くをクリック。

Explosionの階層すべてに対して、ループのチェックを外します。

ヒエラルキーの←を押し、元のシーンビューに戻ります。

ExplosionPrefabのフィールドに、Explosionを入れます。

ゲームプレイして、Cubeをクリックしてみましょう。

Prefabの生成ではInstantiateを使用して、何を、どの位置に、どの向きで、という順に書きます。

マイクラのようにクリックで壊すようなシーンには、このスクリプトが活用できそうですね。

関連記事:
マインクラフトのようにクリックで壊す
クリックした位置にパーティクル発生
少しずれた位置にエフェクト発生
条件によってエフェクトのサイズを変える
発生させたパーティクルをn秒後に削除