Unity事例ノート

UNITY

キーを押すと特定の位置にワープ

キーを押せば、特定の座標にジャンプするしくみを作ってみましょう。

今回の例では、Aキーを押すと指定の位置に移り、Bキーを押すと元の位置に戻るように、スクリプトを作成します。

関連記事:
指定した座標(目的地点)へ行く
Updateを使わずに特定の座標まで移動
移動先のシーンで座標を指定する
特定の座標で移動を止める
ぶつかれば指定座標に移動するしくみ

キーを押せば指定の座標に移動

CubeとPlaneを作成、

Cubeを配置して、スタートの座標を決めます。

シーンビューではこのように見えています。

CubeWarp.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeWarp.csを記述します。

if文では、処理が1つだけの場合には、{}カッコは必要ありません。

ゲームプレイして、AキーとBキーを押してみましょう。

スクリプトで指定した座標に、Cubeが移動します。

関連記事:
指定した座標(目的地点)へ行く
Updateを使わずに特定の座標まで移動
移動先のシーンで座標を指定する
特定の座標で移動を止める
ぶつかれば指定座標に移動するしくみ