Unity事例ノート

UNITY

別オブジェクトの位置を取得する方法

他のオブジェクトの座標情報を取得して、それを元にして位置を決定したい場合があります。

今回は、別オブジェクトの位置よりも少しずらした場所に、一定距離を保てるように作成します。

子オブジェクトとしてではなく、位置情報を取得する形で作ってみましょう。

別オブジェクトの座標を取得

オブジェクトは3つ用意しました。

オブジェクト名はそのまま使用しています。

まずはSphereのほうからスクリプトを作成しましょう。

OffsetPositoin.csを作成し、Sphereに追加します。

スクリプトを編集しましょう。

ターゲットフィールドには、Cubeを入れます。

プレイしてみましょう。

SphereのXYZ座標が、Cubeよりそれぞれ2離れたところに来ています。

一定距離を取って動く

あとはCubeに動きをつけていきましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加。

スクリプトを編集します。

プレイしてみましょう。

十字キー(WASDの各キーも可)で操作してみます。

Cubeの座標情報を取得して、一定距離を取りながら移動します。