Unity事例ノート

UNITY

キャラクターをジグザグに動かす方法

前回はロボットを往復させる動きをつけました。

【Unity C#】行ったり来たりを繰り返す

さらにプログラムを追加して、こんな感じでジグザグの動きをつけていきましょう。

しくみは、前回の「行ったり来たり」と全く同じなんですね。

関連記事:
【Unity C#】キャラクターを行ったり来たりさせる
【Unity C#】地面から出たり引っ込んだりする

X座標にマイナスを掛ける

前回はGoback.csで書いたので、これを書き変えていきましょう。

ジグザグは横の動き、すなわちX軸の往復運動になります。

変数ziguzaguをカウントして、100に達したときに、マイナスを掛けます。

マイナス方向に進み、また100に達した時点で、マイナスを掛けて、プレス方向へ進む。

これをずっとループさせています。

実行してみましょう。

ロボットがジグザグに動きだしました。

動きのつけかた一つで、ゲームの難しさも調整できますね。

関連記事:
【Unity C#】キャラクターを行ったり来たりさせる
【Unity C#】地面から出たり引っ込んだりする