Unity事例ノート

UNITY

キャラクターをジグザグに動かす

往復するキャラクターに、ジグザグの動きをつけてみましょう。

行ったり来たりをくり返しながら、小刻みに横移動をくり返しています。

こうしたジグザグの移動は、敵キャラや障害物などに活用できそうなしくみです。

関連記事:
地面から出たり引っ込んだりする
キャラクターを行ったり来たりさせる

ジグザグの移動をくり返す

キャラクターの方向をわかりやすくするため、サイズの異なるCubeを2個作って組み合わせました。

親子関係を作り、一緒に動かせるようにします。

CubeMove.csを作成し、親オブジェクトのCubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

ziguzaguのカウントアップが10になれば、Xの移動(moveX)にマイナスを掛けて逆方向に動かしています。

Z方向の往復も、reverseのカウントアップが100になれば、逆方向に回転させる仕組みです。

関連記事:
地面から出たり引っ込んだりする
キャラクターを行ったり来たりさせる