Unity事例ノート

UNITY

オブジェクトを使ったアニメーション作成

ヒエラルキーの中に作成したオブジェクトで、アニメーションをつくってみましょう。

3Dオブジェクトを動かして、アニメーションを作成します。

上キーを押したままにすると動き、離すと停止します。

関連記事:
画像データを使ってアニメーション作成
前進と停止のアニメーションをつける
キャラクターをジャンプさせる
ジャンプのアニメーション
シフトキーで走るアニメーション

オブジェクトの用意

3Dオブジェクトを組合わせて、簡単なキャラクターを作ります。

CapsuleとCylinderを作成。

Cylinderの位置、回転、スケールを変更します。

シーンビューではこのように見えています。

Cylinderを複製し、位置と回転を変えます。

シーンビューではこのように見えています。

Capsuleの中に、2つのCylinderを入れて、親子関係を作ります。

動作するアニメーションの作成

Capsuleを選択し、アニメーションを追加します。

アニメーションの中の作成をクリック。

保存先として、Animationフォルダを作成しましょう。

Moveという名前をつけて、保存しました。

プロパティを追加 > CylinderとCylinder(1)の、Transform > Position、Rotation を追加します。

ここでは、1秒時点でのキーフレームを削除しました。

1秒時点のPositoinとRotationを、以下のように設定しました。

プレイを押してみると、アニメーションの動きを確認できます。

停止状態のアニメーション作成

もう一つ、停止状態のアニメーションを作成します。

新しいクリップを作成。

Animationフォルダの中に、Stopという名前で保存します。

ここでは何も動きをつけないので、アニメーションの設定は行いません。

アニメーターの設定

Capsuleを選んだ状態で、ウィンドウ > アニメーション > アニメーター

スタートは停止状態から始めるので、Entryを右クリックし、ステートマシンのデフォルトステートを設定するを選択。

Stopに向けて、遷移を伸ばします。

パラメーター > Boolを選択。

isMoveという名前をつけます。

Stopを右クリック > 遷移を作成。

Moveへ遷移を伸ばし、矢印を選択します。

isMoveをtrueで設定します。

続いて、MoveからStopへ遷移を作成。

遷移の矢印を選択します。

isMoveをfalseで設定します。

スクリプトの作成

MoveAnim.csを作成し、Capsuleに追加します。

MoveAnim.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キーの上を押しっぱなしにしてみましょう。

アニメーションが動作します。

キーを離せば、アニメーションが停止します。

オブジェクトを回転、移動させて、動作と停止のアニメーションを作成。

アニメーターで遷移をつくり、スクリプトで制御しています。

関連記事:
画像データを使ってアニメーション作成
前進と停止のアニメーションをつける
キャラクターをジャンプさせる
ジャンプのアニメーション
シフトキーで走るアニメーション