Unity事例ノート

UNITY

オブジェクトから3Dデータ(fbx)を出力

Unityのヒエラルキーで作った3Dオブジェクトを、fbxファイルとしてエクスポートしてみましょう。

3Dデータ(拡張子.fbx)に変換すれば、他の3Dソフトウェアで、編集することもできます。

FBX Exporterをインストール

ウィンドウ > PackageManager を選びます。

FBX Exporter をインストールします。

今回は、Cubeオブジェクトを使って、階段をつくりました。

親子関係を作り、オブジェクトを一つにまとめます。

Cubeの親オブジェクトを右クリックして、Export To FBX を選択。

Exportをクリック。

プロジェクトビュー内に、fbx形式のデータとして出力されました。

エクスプローラーでfbxファイルを確認してみましょう。

右クリック > エクスプローラーで表示

fbxファイルが確認できました。