Unity事例ノート

UNITY

エリアに入れば追いかけられる(NavMeshAgent)

ナビメッシュエージェントを使った追尾機能で、エリアに入れば追いかけてくる仕組みをつくってみましょう。

今回の制作は、前回の 【Unity C#】ナビメッシュエージェントを使った追尾機能
の続きから、作成していきます。

NavMeshAgentの基本的な使いかたについて、解説しています。あらかじめ作成しておいてください。

前回記事:【Unity C#】ナビメッシュエージェントを使った追尾機能

エリアの作成

空のオブジェクトを作成し、名前をChaseAreaに変更します。

新しくSphereColliderを追加します。

コンポーネントを追加 > 物理 > スフィアコライダー

トリガーにするにチェックを入れ、半径を5にし、位置を変更します。

プレーヤー(追いかけられる側)のスクリプト

PlayerMove.csを開き、コードを追加しましょう。

敵キャラ(追いかける側)のスクリプト

EnemyMove.csを開き、コードを追加します。

ゲームプレイしてみましょう。

範囲内(ChaseArea)に入れば、Sphereが追いかけてきて、範囲かれ出れば、追尾が止まります。

関連記事:
【Unity C#】特定の座標まで行けば追いかけてくる(NavMeshAgent)
【Unity C#】特定エリアに近づくと追いかけてくる
【Unity C#】特定エリアに入った時は実行不可にする