Unity事例ノート

UNITY

乗れば落下する床

プレーヤーが乗ったら落下していく床を作成してみましょう。

浮いている床の上に、Sphereが乗ったタイミングで、重力が働くようにします。

関連記事:
範囲内に入ればオブジェクトを落下させる
乗れば下降していく床
エレベーターをつくる

床オブジェクトの作成

Cubeを作成し、名前をFloorに変更。

サイズと座標を変更します。

Floorを複製して、名前をDropFloorに変更。

サイズと座標を変更し、リジッドボディを追加。

IsKinematicにチェックを入れます。

シーンビューではこのように表示されています。

FloorMove.csを作成し、DropFloorに追加します。

FloorMove.csを記述します。

ゲームプレイして、シーンビューを確認してみましょう。

上に向かって、Raycastが赤色で表示されています。

プレーヤーが、Raycastにぶつかれば、IsKinematicgaがオフになるようにします。

プレーヤーの作成

Sphereを作成し、位置を変更。

リジッドボディを追加します。

Sphereを十字キーで操作できるように、スクリプトを作りましょう。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キーでSphereを操作しましょう。

DropFloorの上に乗り、少し動けばRaycastに接触。

IsKinematicが作用し、床が落下していきます。

関連記事:
範囲内に入ればオブジェクトを落下させる
乗れば下降していく床
エレベーターをつくる