Unity事例ノート

UNITY

触れたオブジェクトの位置を取得

プレーヤーを動かして、ポイントとなるオブジェクトにぶつかれば、その位置を取得。

スペースキーを押せば、その位置に戻るという仕組みを、スクリプトで書いてみましょう。

関連記事:
ぶつかると最初からスタート
別オブジェクトの位置を取得する

ぶつかった位置を取得

Plane、Cube、Sphereを作成します。

CubeとSphereはわかりやすいようにカラーをつけます。

それぞれ地上に出して、距離を取ります。

Cubeにリジッドボディを追加します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイして、まずはSphereにぶつかります。

これで、ぶつかった場所の座標情報を取得。

他の場所へ移動し、スペースキーを押せば、Sphereにぶつかった場所へ戻ります。

関連記事:
ぶつかると最初からスタート
別オブジェクトの位置を取得する