Unity事例ノート

UNITY

マウスカーソルを追従しながらクリックで叩く

マウスカーソルについて行って、クリックすれば叩く動きをつけてみましょう。

動きを確認しやすいように、ハンマーのようなオブジェクトを作りました。

関連記事:
90°回転して叩くような動き
マウスカーソルについていくオブジェクト
オブジェクトの先端がマウスに向く
回転軸を変えてオブジェクトを回す

ハンマーの準備

Cylinderオブジェクトを作成し、サイズを変更します。

もう一つCylinderオブジェクトを作成して、位置と回転を変更します。

Cylinder(1)をドラッグ&ドロップで、Cylinderの中に入れて、親子関係をつくります。

このようなハンマーが出来上がりました。

追従のしくみとクリックの動作

HammerMove.csを作成して、Cylinderに追加しましょう。

HammerMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

カーソルに合わせて動かしつつ、クリックすればハンマーを叩きつけます。

ScreenToWorldPointを使用して、マウス位置をワールド座標(XYZ)へ変換しています。

ハンマーを叩く動きは、コルーチンを使用。

小刻みに0.01秒をはさみ、合計90°になるように、オブジェクトを回転させています。

関連記事:
90°回転して叩くような動き
マウスカーソルについていくオブジェクト
オブジェクトの先端がマウスに向く
回転軸を変えてオブジェクトを回す