Unity事例ノート

UNITY

90°回転して叩くような動き

棒状のオブジェクトで、叩くような動作をつけてみましょう。

画面をクリックすれば、90°回転して、すぐに元に戻ります。

関連記事:
【Unity C#】回転軸を変えてオブジェクトを回す
【Unity C#】Updateの中で1回だけ実行する
【Unity C#】マウスカーソルを追従しながらクリックで叩く
【Unity C#】オブジェクトの先端をマウスカーソルに向ける
【Unity C#】スプリングを使って棒を振るような動き

回転の中心を変更

Cylinderオブジェクトを作成し、サイズを変更しました。

このままでは、オブジェクトの中心を軸として回転してしまいます。

回転の中心点を、Cylinderの端に設定しましょう。

空のオブジェクトを作成します。

GameObject(空のオブジェクト)のY座標を-2にします。

GameObjectは、この場所に配置されています。

Cylinderをドラッグ&ドロップして、GameObjectの中に入れ、子オブジェクトとして配置します。

回転後に元の状態へ戻す

HitMove.csを作成して、GameObjectに追加しましょう。

HitMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

画面をクリックすると、90°回転して、1秒後に-90°回転します。

Updateの中でも、クリックで1度だけ実行できるように、isHitのフラグを作りました。

回転した後に1秒待つために、コルーチンを使用しています。

回転スタート時、isHitはtrueに、回転が終わればfalseに戻しています。

関連記事:
【Unity C#】回転軸を変えてオブジェクトを回す
【Unity C#】Updateの中で1回だけ実行する
【Unity C#】マウスカーソルを追従しながらクリックで叩く
【Unity C#】オブジェクトの先端をマウスカーソルに向ける
【Unity C#】スプリングを使って棒を振るような動き