Unity事例ノート

UNITY

マウスを押している間だけ指定の角度にする

マウスのボタンを押ししている間、指定した回転角に傾けるように、スクリプトを作成しましょう。

左クリックを長押しすれば、120°の方向へ回転。離せば、元の0°に戻ります。

関連記事:
90°回転して叩くような動き
回転軸を変えてオブジェクトを回す
マウスカーソルを追従しながらクリックで叩く
オブジェクトの先端をマウスカーソルに向ける
スプリングを使って棒を振るような動き
Updateの中で1回だけ実行する
マウスカーソルの方へ向ける

マウス長押しで回転

Cubeを作成し、Y方向へ拡大します。

CubeRotate.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeRotate.csを記述します。

ゲームプレイしましょう。

画面上でマウスボタンを長押しすると、120°に回転。

マウスを離せば元に戻ります。

GetMouseButton()だけでは、オブジェクトが回転し続けます。

そのため、isRotateのBooleanを使い、回転したかどうかの切り替えを行っています。

関連記事:
90°回転して叩くような動き
回転軸を変えてオブジェクトを回す
マウスカーソルを追従しながらクリックで叩く
オブジェクトの先端をマウスカーソルに向ける
スプリングを使って棒を振るような動き
Updateの中で1回だけ実行する
マウスカーソルの方へ向ける