Unity事例ノート

UNITY

サイコロを振る(前編)

サイコロを振って、毎回異なる目が出るように、スクリプト作成しましょう。

振るたびに違う目がでるように、サイコロを投げたときに、回転角がランダムで変化するように作っています。

クリックするたびに、新しいサイコロが振り出されます。

※今回の記事は、前編、後編の2つに別れています。

後編では、サイコロの出た目の数を取得するしくみを作っています。

【Unity C#】サイコロを振る(後編)

サイコロのPrefabを作成

今回は「Dice d6 game ready PBR」というフリーのアセットを使用しました。

Dice d6 game ready PBR
https://assetstore.unity.com/packages/3d/props/tools/dice-d6-game-ready-pbr-200151

Planeを作成し、大きめサイズに変更します。

カメラの位置と向きを変え、見下ろすような位置に調整します。

Dice d6 game ready PBR」のPrefabフォルダから、サイコロを一つ、ドラッグ&ドロップして、シーンビューに入れます。

サイコロのオブジェクトに、リジッドボディを追加します。

振ったあとのサイコロを、クリックのたびに消せるように、スクリプトを作成しましょう。

DiceDelete.csを作成し、サイコロのオブジェクトに追加します。

DiceDelete.csを記述します。

サイコロのオブジェクトを、プロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、Prefabデータにしましょう。

原型プレハブを選択します。

サイコロの元データは削除しておきます。

これで、サイコロの準備は完了しました。

サイコロを投げるたびに角度を変える

続いて、サイコロを投げる仕組みをつくりましょう。

空のオブジェクトを作成します。

DiceThrow.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

DiceThrow.csを記述します。

左クリックを離したタイミングで、サイコロを新しく生成し、左に向かって投げるしくみを作っています。

生成のときに、サイコロの回転角(X軸、Y軸、Z軸)をランダムで変化させています。

プレハブのフィールドに、サイコロのPrefabデータを入れます。

ゲームプレイして、クリックしてみましょう。

クリックするたびに、古いサイコロは消え、新しいサイコロが振り出されます。

後編では、サイコロの出た目の数を取得できるようにします。

後編へ続く:【Unity C#】サイコロを振る(後編)