Unity事例ノート

UNITY

1秒おきに座標をランダムにして落下

1秒おきに横の位置を変えながら、ボールを落下させるしくみをつくりましょう。

プレハブデータ出現の位置について、X座標をランダムにしています。

関連記事:
ランダムでPrefabの座標を変える
Prefabの座標をランダムにして生成
出現時間をランダム(秒)にする
移動してからn秒ストップをくり返す
向かってくるオブジェクトをクリックで破壊
配列のオブジェクトをn秒おきにすべて出現
落下スピードをランダムにする
指定の座標まで落下すればPrefabを削除

生成するX座標をランダムに

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをブロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブデータに変えます。

Sphereの元データを削除しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

DropBall.csを作成し、GameObjectに追加します。

DropBall.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

横方向をランダムにして、ボールが落下していきます。

関連記事:
ランダムでPrefabの座標を変える
Prefabの座標をランダムにして生成
出現時間をランダム(秒)にする
移動してからn秒ストップをくり返す
向かってくるオブジェクトをクリックで破壊
配列のオブジェクトをn秒おきにすべて出現
落下スピードをランダムにする
指定の座標まで落下すればPrefabを削除