Unity事例ノート

UNITY

一定距離から外れたら実行する

他のオブジェクトから一定距離を取ったときに、実行されるスクリプトを作ってみましょう。

Cubeを操作して、Sphereから離れたタイミングで、落下します。

関連記事:
【Unity C#】範囲内に入ればオブジェクトを落下させる
【Unity C#】他のオブジェクトに接近すれば繋がる
【Unity C#】Fixed Jointを解除してオブジェクトを落とす
【Unity C#】特定エリアに近づくと追いかけてくる
【Unity C#】一定の距離に達したところで削除する

落下させるオブジェクト

平面、キューブ、スフィアを作成します。

Cubeの座標を変更します。

Sphereの座標を変更します。

Sphereにリジッドボディを追加して、「重力を使用」のチェックを外します。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

プレーヤーのオブジェクト

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

Cubeを十字キーで動かせるようになります。

離れたら実行するスクリプト

空のオブジェクトを作成します。

ObjectDistance.csを作成し、GameObjectに追加します。

ObjectDistance.csを記述します。

GameObjectを選択し、ObjAとObjBにそれぞれ、CubeとSphereを入れます。

ゲームプレイして、Cubeを動かしてみましょう。

Cubeとの距離が8になれば、Sphereに重力がはたらいて、落下します。

関連記事:
【Unity C#】範囲内に入ればオブジェクトを落下させる
【Unity C#】他のオブジェクトに接近すれば繋がる
【Unity C#】Fixed Jointを解除してオブジェクトを落とす
【Unity C#】特定エリアに近づくと追いかけてくる
【Unity C#】一定の距離に達したところで削除する