Unity事例ノート

UNITY

オブジェクト間の距離を取得する

2つのオブジェクト間の距離を取得してみましょう。

Sphereを操作して、Cubeからの距離を取得して、コンソールに表示します。

関連記事:
一定距離から外れたら実行する
一定の距離に達したところで削除する
他のコライダーとの距離を取得
ドラッグの距離をパワー数値に変換する
ジャンプした距離を表示する
別オブジェクトと一定距離を保って移動
Rayが当たった位置までの距離
距離に応じて2つ以上の条件を設定
一定距離を保って動くMainCameraをつくる
ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
発射したボールの飛距離を算出する
X軸だけの移動量をfloat型で取得

オブジェクト間の距離を表示

CubeとSphereを作成し、Sphereを適度に離します。

ObjectDistance.csを作成して、Sphereに追加します。

ObjectDistance.csを記述します。

キューブのフィールドに、Cubeを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

2つのオブジェクト間の距離を取得して、コンソールに表示されています。

Vector3.Distanceを使えば、2点間の距離を取得することができます。

関連記事:
一定距離から外れたら実行する
一定の距離に達したところで削除する
他のコライダーとの距離を取得
ドラッグの距離をパワー数値に変換する
ジャンプした距離を表示する
別オブジェクトと一定距離を保って移動
Rayが当たった位置までの距離
距離に応じて2つ以上の条件を設定
一定距離を保って動くMainCameraをつくる
ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
発射したボールの飛距離を算出する
X軸だけの移動量をfloat型で取得

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内