Unity事例ノート

UNITY

触れたオブジェクトが2秒後に落下

触れた相手オブジェクトが、n秒後に重力で落下するように、スクリプトを作成しましょう。

今回の例では、Sphereにぶつかると、2秒後にUseGravityがオンになり、落下します。

関連記事:
触れたオブジェクト(複数)をn秒後に全削除
触れた相手をn秒後に削除する
乗ったオブジェクトをn秒後に消す
触れた相手のオブジェクト名を取得
触れた相手のコライダーを削除(無効にする)

ぶつかった相手が2秒後に落下

CubeをSphereを作成して、少しずらして配置。

両方にリジッドボディを追加し、UseGravityのチエックを外します。

ぶつかったときCubeが回転しないように、Constraintsにチェックを入れましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしましょう。

Cubeを十字キーで操作し、Sphereにぶつけます。

触れてから2秒後に、SphereオブジェクトのUseGravityがオンになり、落下します。

関連記事:
触れたオブジェクト(複数)をn秒後に全削除
触れた相手をn秒後に削除する
乗ったオブジェクトをn秒後に消す
触れた相手のオブジェクト名を取得
触れた相手のコライダーを削除(無効にする)

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内