お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
お知らせカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】範囲内に入ればオブジェクトを落下させる

あるオブジェクトの下に入れば、障害物として落下する仕組みをつくってみましょう。

3つのSphereの下を移動し、真下付近を通れば、落ちてきます。

関連記事:
【Unity C#】一定距離から外れたら実行する
【Unity C#】他のオブジェクトに接近すれば繋がる
【Unity C#】Fixed Jointを解除してオブジェクトを落とす
【Unity C#】特定エリアに近づくと追いかけてくる

範囲に入れば落下させる

平面、Cube、Sphereを作成します。

Cubeの位置を変更します。

Sphereの位置を変更し、リジッドボディを追加。

重力を使用のチェックを外しておきましょう。

SphereDrop.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereDrop.csを記述します。

ターゲットというフィールドが出来ますので、ここにCubeを入れましょう。

Sphereをあと2つ複製して、位置を変更します。

それぞれのオブジェクトに色を付けましょう。

ゲームビューでの見た目は、このようになっています。

プレーヤーを動かす

次に、プレーヤーを動かせるように、スクリプトを作ります。

CubeMove.csを作成して、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

Sphere側のスクリプトでは、Cubeが距離4.6の範囲内に入ってきたときに、重力がONになり落下します。

関連記事:
【Unity C#】一定距離から外れたら実行する
【Unity C#】他のオブジェクトに接近すれば繋がる
【Unity C#】Fixed Jointを解除してオブジェクトを落とす
【Unity C#】特定エリアに近づくと追いかけてくる