Unity事例ノート

UNITY

変数を割った余りで動きをつける

割った余りの数によって、オブジェクトの動きに変化をつけてみましょう。

割り算の余りを利用することで、3つのポジションを順番に、1秒おきに切り替えています。

関連記事:【Unity C#】3秒おきに速度を上げる





割った余りを使ったスクリプト

Cubeを作成します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加しましょう。

ゲームプレイしてみましょう。

指定した3つのポジションへ、1秒おきに順番に切り替わります。

割った余りを求めるには、【%】を使用します。

増えていくtimeを、Mathf.Floor によって整数に変換。

timeを割った余りは、0、1、2のいずれかに該当するため、3つのポジションへの切り替えがずっと続いていきます。

関連記事:【Unity C#】3秒おきに速度を上げる