Unity事例ノート

UNITY

指定した秒数になればオブジェクトの種類を変える

あらかじめ指定した秒数になれば、指定したオブジェクトが出現するように、スクリプトを作成してみましょう。

スタートしてから、1秒、3秒、5秒後に、種類の異なるオブジェクトが現れるようにします。

関連記事:
【Unity C#】タイマーがn秒になれば出現
【Unity C#】数秒後にオブジェクトを出現させる
【Unity C#】時間が経つほど間隔を短くする

n秒おきに異なるオブジェクトを出す

Cube、Sphere、Cupsuleをそれぞれ作成し、リジッドボディを追加します。

3つのオブジェクトを、プロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

3つのオブジェクトの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

ObjectAppear.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ObjectAppear.csを記述します。

MyArrayを展開し、要素0~2に、3つのPrefabデータを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

1秒、3秒、5秒後に、配列に入れた3つのオブジェクトが順に出現します。

関連記事:
【Unity C#】タイマーがn秒になれば出現
【Unity C#】数秒後にオブジェクトを出現させる
【Unity C#】時間が経つほど間隔を短くする