Unity事例ノート

UNITY

タイマーがn秒になれば出現

カウントアップタイマーで、ある秒数になれば、オブジェクトを出現させるように、スクリプトを作成してみましょう。

今回の例では、タイマーがスタートして2秒と5秒のタイミングで、Sphereオブジェクトを生成します。

関連記事:
【Unity C#】Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
【Unity C#】相手が動いている間、プレーヤーを動けなくする
【Unity C#】数秒後にオブジェクトを出現させる
【Unity C#】指定した秒数になればオブジェクトの種類を変える

タイマーn秒のときに生成

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成。

ObjectScript.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ObjectScript.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

2秒経過、5秒経過のタイミングで、Sphereが現れます。

Mathf.Floor()を使えば、少数点以下を切り捨て。

timeの条件を整数で設定しています。

関連記事:
【Unity C#】Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
【Unity C#】相手が動いている間、プレーヤーを動けなくする
【Unity C#】数秒後にオブジェクトを出現させる
【Unity C#】指定した秒数になればオブジェクトの種類を変える