Unity事例ノート

UNITY

前方からボールがランダムで向かってくる

こちらに向かって、ランダムの位置から、オブジェクトが飛んでくる仕組みをつくってみましょう。

Sphereオブジェクトが、指定したX座標、Y座標の範囲内にランダム出現し、移動していきます。

関連記事:
【Unity C#】飛んできたボールをキャッチする
【Unity C#】保持したボールをプレーヤーと同じ向きで発射
【Unity C#】音ゲーのノーツみたいなオブジェクト動作
【Unity C#】3つのポジションから順番にPrefab生成
【Unity C#】敵キャラがランダム移動して発射

1秒おきに向かってくるオブジェクト

Sphereを作成し、BallMove.csを追加します。

BallMove.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブに変換します。

Sphereの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成。

RandomShot.csを作成し、GameObjectに追加します。

RandomShot.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

1秒おきに座標をランダムにしながら、ボールが手前に向かって飛んできます。

関連記事:
【Unity C#】飛んできたボールをキャッチする
【Unity C#】保持したボールをプレーヤーと同じ向きで発射
【Unity C#】音ゲーのノーツみたいなオブジェクト動作
【Unity C#】3つのポジションから順番にPrefab生成
【Unity C#】敵キャラがランダム移動して発射