Unity事例ノート

UNITY

落下スピードをランダムにする

オブジェクトが落下していくスピードをランダムにする仕組みをつくってみましょう。

クリックのたびに、リジッドボディの抵抗(Drag)を取得して、その数値を乱数にするスクリプトを作成します。

dragを変えれば空気抵抗が変化し、重力で落ちる速度に違いをつけることができます。

関連記事:
抵抗(Drag)にアクセスして落下スピードを抑える
1秒おきに座標をランダムにして落下
指定の座標まで落下すればPrefabを削除

重力で落ちる速さに違いをつける

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除します。

空のオブジェクトを作成。

BallDrop.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

BallDrop.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereを追加します。

ゲームプレイして、画面をクリックしましょう。

クリックで生成されるSphereに対して、抵抗の値がランダムで与えられ、落下スピードに違いをだすことができます。

関連記事:
抵抗(Drag)にアクセスして落下スピードを抑える
1秒おきに座標をランダムにして落下
指定の座標まで落下すればPrefabを削除