Unity事例ノート

UNITY

Panelをボタンとして利用する

UIパネルをボタンとして使えるように設定してみましょう。

今回の例では、パネル部分をクリックすれば、Cubeが表示されるようにします。

関連記事:
パネルの表示・非表示
Panelを使ってUIの表示を切り替える

パネルをボタンにする

Cubeを作成し、少しだけ上の方に配置します。

CubeActive.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeActive.csを記述します。

続いて、パネルを作成します。

Canvasを選択し、UIスケールモードを「画像サイズに拡大」に変更します。

これで画面サイズの伸縮に応じて、パネルのサイズも変わります。

Panelのサイズや位置も変更します。

パネルの中に文字を入れましょう。

Panelを右クリックして、UI > テキスト。

テキストをButtonに書き換え、サイズや位置を変更しました。

ゲームビューではこのように見えています。

パネルをボタン化するように、設定していきましょう。

Panelを選択し、コンポーネントを追加 > UI > Button

ボタンの設定を、以下のような手順で行います。

ゲームプレイして、動きを確認しましょう。

スタート時はCubeが非表示。

Panelをクリックすれば、Cubeが現れます。

Panelにボタンの機能を持たせることができました。

関連記事:
パネルの表示・非表示
Panelを使ってUIの表示を切り替える