Unity事例ノート

UNITY

着地していればジャンプ可能(Raycast)

Raycastを使って接地判定を作成し、着地している時だけジャンプできる仕組みを作ります。

床オブジェクトに触れている間はクリックでジャンプ可能。空中でクリックしてもジャンプはできません。

関連記事:
着地していればジャンプ可能
Raycastによる接地判定
クリックした方向へジャンプする
バウンドの高さをスクリプトから調整
AddForceを使ったジャンプとvelocityによるジャンプ

Rayが当たっていれば実行可能

PlaneとCubeを作成します。

Cubeにリジドボディを追加します。

PlayerJump.csを作成し、Cubeに追加します。

ゲームプレイしてみましょう。

Cubeの下側に、Raycastが可視化されています。

ゲームビューをクリック。

RaycastがPlaneに触れていれば、ジャンプ可能。

触れていなければ、ジャンプはできません。

関連記事:
着地していればジャンプ可能
Raycastによる接地判定
クリックした方向へジャンプする
バウンドの高さをスクリプトから調整
AddForceを使ったジャンプとvelocityによるジャンプ