Unity事例ノート

UNITY

パネルの表示・非表示

条件でパネルを表示したり、非表示にしたりするスクリプトを作ってみましょう。

Sphereに触れると、パネルと一緒にテキストが表示。離れると、パネルは非表示になります。

関連記事:
画像(UI.Image)の設定項目
Panelを使ってUIの表示を切り替える
条件によって画像表示を切り替える
スクロールバー(ScrollBar)の設置
Panelをボタンとして利用する
ボタン表示・非表示のスクリプトをつくる

Panelの作成

Plane、Cube、Sphereを作成します。

Cubeにリジッドボディを追加し、わかりやすいようにマテリアルカラーをつけます。

CubeとSphereは地上に出して、少しだけ離します。

ゲームビュー上ではこのように見えています。

続いて、Panelを作成しましょう。

Panelのサイズを色を変えます。

色は透明がかった青にしました。

Panelの子オブジェクトとしてテキストを作成します。

Panelを右クリック > UI > テキスト。

Textのサイズ、位置、色を調整しました。

ゲームビュー上ではこのように見えています。

一旦、Panelのチェックを外し、非表示にしておきます。

Panelを表示するスクリプト

Panelをスクリプトから表示させてみます。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

Panelのフィールドに、Panelを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

SphereにぶつかればPanelが表示、離れると非表示になります。

関連記事:
画像(UI.Image)の設定項目
Panelを使ってUIの表示を切り替える
条件によって画像表示を切り替える
スクロールバー(ScrollBar)の設置
Panelをボタンとして利用する
ボタン表示・非表示のスクリプトをつくる