Unity事例ノート

UNITY

リストを古い要素(先頭)から削除

リストに追加したオブジェクトを、先頭から削除できる仕組みをつくりましょう。

リストの中にいくつかのオブジェクトが入れ、スペースキーを押せば、要素0から消えていきます。

関連記事:
リストの中で最後に追加された要素から削除
クリックしたオブジェクト名をリストへ追加
リストの中で指定した要素を削除
ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
配列をすべてリストに移す
触れたオブジェクト(複数)をn秒後に全削除

リストに追加したオブジェクトを先頭から消す

オブジェクトをいくつか作成します。

間隔をあけてオブジェクトを配置します。

空のオブジェクトを作成します。

ListControl.csを作成し、GameObjectに追加します。

ListControl.csを記述します。

ゲームプレイして、オブジェクトをクリックすると、順番にリストの中に追加されます。

スペースキーを押せば、リスト先頭(古いほう)の要素0から順番に削除されます。

関連記事:
リストの中で最後に追加された要素から削除
クリックしたオブジェクト名をリストへ追加
リストの中で指定した要素を削除
ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
配列をすべてリストに移す
触れたオブジェクト(複数)をn秒後に全削除