Unity事例ノート

UNITY

クリックしたオブジェクトの名前をリストへ追加

クリックしたオブジェクトを削除して、その名前をリストへ追加できるしくみを作りましょう。

Addを使えば、リスト数を増やしつつ、データを格納することができます。

クリックするたびに、要素の数が増えていき、オブジェクトの名前が入っていきます。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
【Unity C#】クリックしたオブジェクトを順番に配列に入れる
【Unity C#】リストを古い要素から削除
【Unity C#】FindObjectsOfTypeで指定したクラスを全て取得
【Unity C#】配列をすべてリストに移す
【Unity C#】リストのオブジェクト名を一行でテキスト表示

Addを使用して要素を追加する

オブジェクトをいくつか作成します。

間隔をあけてオブジェクトを配置します。

空のオブジェクトを作成します。

ListMake.csを作成し、GameObjectに追加します。

ListMake.csを記述します。

ゲームプレイして、オブジェクトをクリックしてみましょう。

クリックした順に、オブジェクト名が格納され、要素も追加されていきます。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
【Unity C#】クリックしたオブジェクトを順番に配列に入れる
【Unity C#】リストを古い要素から削除
【Unity C#】FindObjectsOfTypeで指定したクラスを全て取得
【Unity C#】配列をすべてリストに移す
【Unity C#】リストのオブジェクト名を一行でテキスト表示