お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
お知らせカリキュラム・料金教室紹介無料体験レッスン

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】発射したPrefabの滞空時間

発射したオブジェクトの滞空時間を算出できるように、スクリプトを作ってみましょう。

クリックのたびに、Sphereのプレハブを発射

発射されてからタイムを計測しはじめて、着地した順にタイムを停止して、コンソールに表示します。

関連記事:
【Unity C#】発射したボールの飛距離を算出する
【Unity C#】ジャンプした距離を表示する





発射から着地までのタイムを測定

Sphereを作成して、リジッドボディを追加します。

FlightTime.csを作成し、Sphereに追加します。

FlightTime.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除します。

発射元と床を作成

Plane(平面)を作成し、位置とサイズを変えます。

ゲームビューではこのように見えています。

GameObject(空のオブジェクト)を作成します。

BallShot.csを作成し、GameObjectに追加します。

BallShot.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

クリックしてボール発射。

着地した順に、その滞空時間がコンソールに表示されます。

関連記事:
【Unity C#】発射したボールの飛距離を算出する
【Unity C#】ジャンプした距離を表示する